人生は芋だらけ

広く浅く色々なエンタメを眺める地方民の記録です

劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダムがドンズバ100点で刺さった

恋の弓矢 頬をかすめたと思いきや ドンズバ100点(BEPPING SOUND feat. HIROOMI TOSAKA)

ってかんじですいま……下半期始まったばかりだというのに、こんなはずじゃなかったオブザイヤー大賞決定です………。
軽い気持ちで見に行って気付いたら底無し沼にいて、あれよあれよという間にレジェスタ見て6th見て今に至るという状況です。

以前ハイローからのLDHに落ちたときに、このジャンルのどこがどのように刺さったのかきちんと記録しておけばよかったと少し後悔したので、まとまるかわからないけど今回は残しておきたいと思います。
あとこのブログはライブの感想が書きたくて立ち上げたんですけど、マジLOVEキングダムは間違いなく最高のライブなのでここに書くことは間違ってないと…多分…。
この世には天才が書いた最高のマジLOVEキングダム感想ブログがたくさん溢れているので、マジLOVEキングダムのヤバさを浴びたい方はググってそちらを読んでください…こちらは本当にただの個人的な記録ですので。
(このブログ、個人的な記録であるということを予防線として張りすぎている気がするので自分のことながらそろそろ開き直ってほしい)


###

初見はちょうど1か月ほど前の、公開から6週目の半ばあたりでした。
ツイッターで流れてくる評判が結構よかったのと、「ドルオタには絶対に刺さる」みたいな感想を見かけて気になってはいたんですけど、いかんせんうたプリっていうコンテンツがご無沙汰すぎて機会があれば1回は見に行きたいな~でも円盤待ちでもいいな~くらいの気持ちでいたのでだいぶ遅めのタイミングになってしまいました。
近くに住んでる友人にもうたプリのオタクはいなくて、かといって一人で行くほどのパッションもなくといったかんじで。
それが最近仕事の関係で親しくなった人がガチで劇場に通いつめているという話を耳にして、気になってるんだよねと伝えたところチケット(しかもチネチッタのLIVE ZOUNDの回)を用意してくれて(女神)トントン拍子に初見の機会がやってきました。


正直、見る前まではめちゃめちゃ冷静で、初見なのに応援上映か…わたし応援上映あんまり得意じゃないから映画の出来関係なしに冷めちゃったらどうしよう…、とか、1曲も予習してこなかったけど連れてきてくれた友人にノリ悪いなとか思われたら申し訳ないな…とか、ネガティブなことばっかり考えてたんですよね。
メンバーカラーだってST☆RISHはかろうじてわかるけどQUARTET NIGHTはうろ覚え、HE★VENSに至っては3人のときしか知らないからぶっちゃけ4人は名前すらわからないしお手上げといったにわか甚だしい知識量で、念のため持ってきたサイリウムも振れるか心配で、鞄から出したはいいものの始まるまでは両手で隠すように持っていました。


でも、始まってみたらそんなのは杞憂中の杞憂だったってことがわかりました。
いや今思えばそうだったのかもしれないと冷静に振り返れるんですけど、映画を見ているときは「杞憂だったな~~」とか考えてる余裕なんて少しもなくて、わけもわからず凄まじい量と勢いのエモにあてられて「嗚咽」ってかんじの泣き方で最初から最後まで号泣してました。
エモって言葉で片付けるんじゃねえと言いたいところなんですけど、本当にめちゃめちゃエモーショナルな方向に全振りな映画だったんです。
アイドルというものが好きな人間の感動するツボを丁寧にかつピンポイントにそして物凄い力で押してくるので正直恐ろしさすら覚えるほどでした。
かろうじて言語化して考えられたのは、初めて見た映画で全部の曲がその日初めて聴く曲なのに「わたしはこのライブのために毎日を耐えて生き抜いてきたんだ!!!」っていう、もはや既にうたプリのオタクとしての自我が芽生えていたみたいな感覚でした。
自然とそんな気持ちになってしまうくらい、画面に映るアイドル達が画面の向こうではなく目の前にあまりにもはっきりと実在していたんですよね。
3Dモーションの滑らかさとか演出や脚本の絶妙なリアル感とか凝った衣装や舞台セットとか、彼らの実在を感じられた理由はたくさんあると思います。
どれが突出して素晴らしかったとかではないのでうまくポイントを絞れないんですけど…
めちゃめちゃ既視感があるのに斬新さがあって、その既視感というのが「パクりっぽい」とか「二番煎じ」とかネガティブなものでは決してなくて、あるある、やるやる、をしっかりとうたプリらしい大胆でハッピーな味付けで調理していて、そこのバランスがとってもちょうどよかったんですよね。
だからこそわたしのようなニワカでもきちんと入り込めて楽しめる作品になっていたんじゃないかなと思います。


いやだって、マジLOVEキングダムって要するにHiGH&LOW THE LIVEじゃないですか。
ファンが絶対に見たいと思っているものをファンの想像を超えた知識とアイデアと技術と熱量で作り上げて提供してもらったときの衝撃と感動って、違うコンテンツであったとしても共通のものだと思うんですよね。
マジLOVEキングダムを見ながら覚えた、具体的に求めていたわけではないけど確実に見たいと思っていたものに出会えた感覚は、初めてHiGH&LOW THE LIVEを見たときと同じ方向性のものでした。
「これこれ!こういうの求めてたんだよ!」って思える作品って、「こういうのが見たかった」が叶えられただけじゃ多分物足りなくて、いい意味で期待を裏切られるポイントがあってこそだと個人的に思っていて、ザライブもマジLOVEキングダムもその点が共通して完璧にクリアされていたからこそこんなに多くの人の心を鷲掴みにしたんだと思います。
雨宮兄弟がライブに出たら、舞台の両端から登場して中央で合流して歌い始める妄想はいくらでもできるし実際にやってくれたらそりゃあ当たり前にぶちアガるに決まってるけどまさか映画さながらバイクで登場してくれるなんて思わないじゃないですか。そんなんされたらアガるどころではなく昇天じゃないですか。
マジLOVEキングダムもそんなサプライズが随所に散りばめられていました。
やっぱりどうしても、人間って知らないことを知りたくなる生き物ですし…新鮮さや驚きを求めてしまうのが性ですよね…。
そして1度経験してしまうと、中々ないこととはわかりつつもまたあの感動に出会えるはずと期待してしまうんです。
本当にそうそうあることじゃなくて、だからこそ、今回のうたプリとの再会は大事にしたいと思ったんです。




っっっていうか色々それっぽく語っておいてお恥ずかしい話ですがぶっちゃけここまで書いたことは正直どうでもよくて(どうでもよくないけど)、最終的に何が1番の沼入りのきっかけになったかっていうと、とにかくHE★VENSが性癖ど真ん中だったっていう話なんです。
名前すら3人しか知らなかったのに…すみません…本当にクソニワカだという自覚はあります…。

だってまず曲が好みすぎるんですよね。
5億人が言ってると思うんですけどGIRA×2★SEVENが本当に最高…好き…ジャズテイストなのずるいそんなんみんな好きじゃん…。
出だしで回転寿司さながら回るのも超YEAH!!です。めっちゃアガった。
やっぱりイケメンは回ってなんぼですよね。
LDHにハマってイケメンが回ると喜ぶ身体になってしまったみたいです。
衣装も1番「へき」(せいへきのへき)に刺さりました。
リア友なら知ってるとおもうんですけどネイビーと濃いグリーンが本当に好きだよねわたし。
わたしが好きというか、ネイビーや濃いグリーンが似合うきれい目のメンズが好きだよね。
各グループの顔を隠して衣装だけ見せて「どれがわたしがハマったグループだと思う?」って友人たちに聞いたら100%当ててくれると思います。
メンバーのこと家族とか居場所とか言っちゃうところも最高。
家族って…DOBERMAN INFINITYじゃん…。ナギや瑛二くんを見守るみんなの目線が、kazukiくんを見るドーベルのお兄さん達と全く同じじゃん…。
ドーベルもよくメンバーのこと家族みたいって言いますよね。
メンバー間で年齢差があるとやっぱり兄弟とか親子みたいな気持ちが湧くものなのかなあ。ここもめちゃめちゃ「へき」刺さりポイントです。素敵ですね。好きですね。



あと推し。推しを見つけてしまったら最後、後は大人しく流れに身を任せてハマるのみみたいなとこありませんか?
男性アイドルだと推しじゃなくて担当って言うんでしたっけ。でも照れがあるので推しでいかせてください。
正直初見のときは映画自体を楽しむつもりで行ったので推しを見つけるつもりなんてこれっぽっちもなかったんですよね。
でも、わたしは出会ってしまったんです…鳳瑛二くんという最強のアイドルに…。

最初はヴァンさんに落ちたな、と思ってました。年上組のリアコお兄さん枠を好きになる不治の病にかかっているので。
実際に見た目も性格もかなり好みのタイプでしたし、初回は終わってからは「ヴァンさんヤバくない?恋しちゃうじゃんあんなの」って言ってましたし、今もヴァンさんのことは限りなくガチ恋に近い気持ちで好きです。
山下健二郎に似た空気を感じるし…ヴァンさんとUSJ行きたいじゃん…。
でも入国を重ねるうちに、何故かわからないんですけど瑛二くんから目が離せなくなっていって、気がついたらサイリウムを紫色にしていました。

何故かというところは正直まだ自分でもぼんやりとしていて、イマイチわかっていません。
でもなんとなく、キャラクターというよりも一人のアイドルとして、瑛二くんにものすごい魅力と可能性を感じるというのがあるのかもしれない、と思ったりしたりしなかったりしています。
鈴木愛理ちゃん(わたしの人生で1番の推し)に似た空気を感じるというのもあるかな…。
年齢としては年下組なんだけどグループの要として存在していて、自らグイグイ周りを引っ張っていくタイプではないけど、実力と姿勢で無意識のうちに周りに影響を与えるような子。
現時点ですら才能に満ち溢れていて個性豊かなメンバーに埋もれず輝いているのに、持って生まれた能力や与えられたポジションに甘んじず努力を重ねる子だと思うので、まだまだこれからたくさんのことを吸収して我々の知らない面を見せてくれるんだろうな、という確信が持てるというか。
瑛二くんみたいな子を見ると、アイドルというものを信じさせてくれて、応援させてくれてありがとうという気持ちになるんです。
脱線しますがわたしにとってアイドルってなんなんだろう…アイドルを何だと思っているんだろう…これを気にちゃんと考えて言語化したいです。
あとはまーこれも個人的なツボなんですけど、ああ見えてストイックで負けず嫌い(というか頑固?)そうなところも好きになっちゃうポイントなんですよね。
歴代の推しの共通点です。
鈴木愛理ちゃん、田村芽実ちゃん、EXILE TETSUYAさん、鳳瑛二くん。
みんなその系統。伝わって。




えええ~~~~なんか自分史上最強に気持ち悪い内容になってしまった上に尻切れトンボすぎる~~~~公開するかどうか悩み続けて2週間たった~~~~!!
けど三代目のRAISE THE FLAG初見の前になんとかしてこの衝撃をまとめておきたいと思ったので意を決してアップしてみます。
今日はこれから朝一入国の後に、RAISE THE FLAG ナゴヤドームに行ってきます!
魍魎の匣(最高だった)もショーキチ長野(最高だった)も感想まとめられてないのにもう三代目来ちゃったのちょっと悔しいので書く習慣をつけたいです。

あ~~きっと今日の夜も三代目見終わったら「今すぐもう一回見たい」って言うんだろうな。
ライブ後のわたしの口癖なんですよね。ライブが終わると最高の時間が終わってしまったのが悲しすぎてほぼ必ず「今すぐもう一回見たい」って言っちゃいます。
それが叶えられるのがマジLOVEキングダムなので!!
通っちゃうのも仕方がないよねという話でした!!
f:id:bomimi:20190817040140j:plain
無意識のうちに行けるだけチケットを確保していた結果の図。

来週で上映終了する劇場が増えてきてるのが寂しすぎるからどこか1館だけでもいいから3050年まで上映続けてほしい…。

2019/6/16 やついフェス

私生活忙しすぎ~~!!!
4月から引っ越しを伴う異動的なもので職場が変わって業務量が激増して毎日てんやわんやしてたらあっという間に6月になってました…。
人生初の都会暮らしにめちゃめちゃ疲弊してましたが、やっと少しは慣れてきたかなというところです。
4月、5月もライブには行っていたんですけど全くブログを書く気力が沸かずにここまで来てしまったので、またそのうちさらっと振り返りたいと思います。
今回は気持ち的にも時間的にも余裕があるタイミングなのと満足感と達成感でやる気がモリモリ出てきてるので感想書きます!


ということで行って来ました、やついフェス!!
タイムテーブル見たら16日に行きたいアーティストが集中してた上に時間もほとんど被ってなくて行くしかと思っていたんですけど、同行者が捕まらなくて一人で渋谷行くの怖いなとギリギリまで渋ってました。
いやでも行ってよかった!!本気でよかった!!!
一組ずつ振り返ります!!!


CreepyNuts

初めて生で見たんですけどRさん思ってたより細かったです。(失礼)
いや~~とにかくめちゃめちゃ楽しかったです。
今すぐワンマン行きたいくらいの気持ち。どこかチケット取れたら行こうかな…。
Rさんラップも煽りも死ぬほど上手くて、問答無用でぶちアゲにされちゃいました。
本当に失礼なんですけど、松永さん見てかっこいい~~って思っちゃったのが割と本気で悔しい…。
あと個人的に「生業」で締めたの攻めてるなーって思ったんですけどどうなんでしょう…普段のセトリ知らないから定番だったらごめんなさいなんですけど、最後にやるには重くないですか?しかも対外試合の場で。
でもちゃんと後味が暗くならないようにMCでそこまでの流れ作ってたからやっぱり二人とも頭がいいというか、めちゃめちゃ冷静に客観的に自分達のこと見えてるんだろうなって思いました。その辺も込みでかっこよかったなー。

踊Foot Works

初めて音源聴いたときにむちゃくちゃかっけ~~!と思って気になってたグループだったので見れてよかったです。
とにかくこなれ感がすごくてそつがなくてスタイリッシュでした。
かといって冷めてるというわけでもなく若くてガツガツした雰囲気も伝わってきて、その辺のバランスのよさがかっこよかったです。
Bebop Kagefumi大好きだから前奏流れた瞬間に飛び跳ねちゃいました。そんなノリの客層じゃないのに…。
でもBebop Kagefumi流れたら自然に踊っちゃうのは仕方ないと思うんですよね。音に乗って躍りなって言われてるんだもん。

the band apart

ワンマン行きたかったよ~~~~おんおん
多分今月の頭にあったワンマンに行けてたら今回のフェスも行ってなかったかもしれません。
そのくらいバンアパ分が死ぬほど不足してたのでEric.Wの前奏で興奮しすぎて「ぎえお」みたいな声出ました。
親の声より聴いてるEric.Wだけど毎回前奏でむちゃくちゃアガるのすごいな…わたしだけじゃなくて常連っぽい人も友人に連れられて来たっぽい人も興奮してたから改めて代表曲の凄さを実感しました。
beautiful vanityも久しぶりに聴けてよかった!
いつもは大抵荒井さん側を確保するんですけど、入り口近くが原さん側だったのでせっかくだしと思って今回は原さんの目の前で見てみました。扇風機がハイテクなのになってた。
あと気のせいだったら申し訳ないんですけど、ラババン文化がやや廃れ始めてる中で去年のツアーで初めてラババン作ってまた新作売ってるバンアパおじさん愛しすぎるな…。


DOTAMA

ドタマさんも初~~!
人物的にも音楽的にも淡々としたライブなのかなって思ってたんですけど、予想外にコミカルで楽しい雰囲気で驚きました。
あのビジュアルで手作りパネル使いまくるのずるくないですか?ジバニャン持ってうたうラッパー???
しかも結構年季入ってるというか、破れてたりシワになってたりしてるのが見えて、見た目とのギャップにグッときちゃいました…。
最後の曲が音楽ワルキューレ3だったんですけど、使い込んだパネルとかちょっと上ずったMCとか見た上で聴いたらアホみたいに泣いてしまいました。
楽しく音楽やってほしいよねやっぱり。ドタマさんが楽しそうで本当によかった。何様だ。


Have a nice day!

この前にZOCも2曲だけ見たんですけど、隣にちょっと苦手なタイプのオタクが来たので逃げるようにハバナイに移動しました。
5月のTENDOJIとのツーマン以来のハバナイだったんですけど、そこで諸々あったので浅見さんもオタクも序盤はかなり緊張感のあるぎこちない空気で見ていてちょっとしんどかったです…。
でも途中のMCで浅見さんが言葉に詰まるのを見たオタクが次の曲くらいから全力出し始めて、それに反応してるうちに浅見さんものってきたのか振り切れたのかいつも通りになっていって安心しました。
浅見さんも最終的には「緊張感あるのムリ」的なニュアンスのこと言ってたし、やりすぎはそりゃよくないけど解放感が半端ないのがハバナイのライブの楽しさだと個人的に思っているので(主観によります)、ちょうどよい落としどころが今回で見つかったんじゃないかななんて思ったりしました。





ちなみにブログだから一応さん付けしなきゃと思ってみなさん平等に付けてみたんですけど、一部の方は友人との会話のなかでは呼び捨てで呼んでるので(スミマセン)自分の文章ながらだいぶ違和感あります…。
くん、とか、ちゃん、なら書けるんだけどやっぱり呼び捨てはなんか失礼な気がしてな~~どんなもんなんでしょう。
まあいいや。
今回のフェスは見たかったけどタイミング逃しまくってた人たちが見れてお得感満載でちょー楽しかったです!!


今週末は魍魎の匣、来週末はショーキチ長野公演!
どっちも感想書けたら書きたいです。
楽しみ~~!!

わたしとハロプロと推しの結婚 #ハロプロを推すと人生が豊かになる

video.yahoo.co.jp

この動画見てわかる~~ってしてたら書きたくなったので自分語りします!
動画自体はハロオタの方なら聞き覚えのある話も多いと思うので、ぜひ非オタの方に見て「へえ~」って思ったり「ぅゎ…(やや引き)」ってなったりしていただきたいです。
(でも靖子ちゃんのさゆ語りは何度聞いても楽しいしふくちゃん山木さんというメンバー側の人選もわかってるな~~ってかんじだからオタクが見ても味わい深い動画です)


さて早速タイトルの話をするんですけど、本当にハロプロには日々お世話になっております…。
悲しいときも楽しいときも、人生の色々な場面で寄り添ってくれていたのがハロプロでした。
つい最近もハロプロ楽曲に助けられたことがありまして。

推しのEXILE TETSUYAさんの結婚のニュース(おめでとうございます)を見て一時的にメンタルズタボロになっていたときの話です。
てつやさんのご結婚、とってもめでたくて嬉しい話題のはずなのにどうしてこんなに悲しいんだろうって自分の気持ちが整理できなくて落ち込んでたんです。
世界一かっこいい人だとは思っていたけどガチ恋のつもりは1ミリもなかったのに、ショックを受けている自分にショックを受けたりして更に悲しい気持ちに。みたいな。
とにかく何にショックを受けてどのように悲しいのかすら自分でもわからないまま悶々としていたら、本当にただの偶然だったんですけど、この曲が頭に浮かんだんです。

℃-ute 『世界一HAPPYな女の子』 (MV)

多分、単純に結婚ってワードから連想されただけだったんです。
でもその結婚というワードが含まれるフレーズが頭の中で流れたときに、この感情が「憧れてた近所のお兄さん もうすぐすごいきれいな人と 結婚するってママが言ってた」と同じだって気づいたんですね。
離れて暮らしてる親と久しぶりに電話してたら話の流れで何の気なしにさらっと「そういえば○○さんちの××くん結婚するって」って聞かされたときの感覚。
自分の人生と××くんの人生は交わるどころかほんの少しかすった程度でお互いにリアルな生活には全く関係がない相手で、でも自分の方はなんとなく憧れがあって覚えていて一方的に・勝手に影響を受けてたりして、そんな相手が結婚するって知って、知ったところでどうしようもなくて、おめでたいことなのは理解できるけどなんとなーく切なくて途方に暮れるかんじ。
結婚かー、そっかー、結婚ねー。付き合ってる人いたんだ。そりゃいるよな。ていうか高校以降の進路すら知らないし。どうでもよ~。いやでもマジかー結婚かー。結婚。はーあ、人生……。
みたいな!!!
もうこれだ!!めちゃめちゃ腑に落ちた!!!ってなりました。「ママが言ってた」っていう、相手との縁の遠さもまさにこれ…。
誰かが結婚するって聞いて、別にその人と自分が結婚できるともしたいとも思ってなかったとしても、なんとなくすぐには素直におめでとうの気持ちになれない、そういう「モヤ」って全然ふつーにある話じゃんって認めることができたら楽になりました。
これに気づいたらあんなに落ち込んでたのが嘘みたいに元気が出てきて、もうそれ以降はこの曲の歌詞のとおり「日々変化する我が人生 なんとかするっきゃないね人生」の気持ちでWOWWOWYEAHYEAHして気分も落ち着きました!
(心配してくれた友人たちお騒がせしました。当日に一緒に飲んで騒いでしてくれてありがとう。)


ハロプロの曲って、こんなかんじで気分が落ちてるときに共感できたり慰めてくれる歌詞が多いんですよね。
しかも抽象的な詩じゃなくて具体的にピンポイントに、なんてことない日常を突いてくるからぐっときちゃう。
あくまでも個人的な経験なので他のハロオタさんはどうかわからないんですけど、でも超個人的なエピソードのわかり手になってくれるからこそわたしの人生にとっての特別な存在になってるんだと思います。
「人生が豊かになる」とはもしかするとちょっとニュアンスが違うかもしれませんが、ハロプロがわたしの人生になくてはならないものなのは間違いないなと改めて実感しました。


ということで、最後に、本日やや萎えなミッションをこなしてきたので元気が出るハロプロ曲を書き連ねて終わりにしたいと思います。


Berryz工房 『Be 元気 (成せば成るっ!)』 (MV)
「明日急にモテまくる ないない とは限らない」このポジティブさがたまらないよね~~



スマイレージ 『ヤッタルチャン』(S/mileage[Yattaruchan]) (MV)
デキナイチャンのままじゃだめよ…ヤッタルチャンにならなきゃ…。



スマイレージ 「○○ がんばらなくてもええねんで!!」 (MV)
ヤッタルチャンからの流れでセルフ飴と鞭。
今日もこの曲を聞いてちょっと泣いて自分を肯定して寝ましょう。


世界で一番HAPPY目指すだけならタダだもんね!
ハッピーに生きようね!

2018年の現場を振り返る(下半期)

SOW終わっちゃってしばらく現場の予定ないけど元気!地方のオタクは1回の現場を何週間も何ヶ月も反芻して生きるのが得意な生き物だから!

ということで、残しておいた2018年の現場振り返り下半期編です。
もう2019年が2ヶ月近く終わろうとしているのに何やってやってんだかってかんじですが何度も言うけど100%自分のためのブログだからマイペースでいいんです。(圧)

前回の記事はこちら。
bominikki.hatenablog.com
これの7月からの現場をぼんやり振り返ってみたいと思います。
よく見ると上半期、下半期で綺麗に半分(各5公演ずつ)なんですね。今年はどうなるかな。



7/14 DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2018 DOGG YEAR ~PARTY ON THE OFF ROAD~ キッセイ文化ホール

せつぶんえと同じくらいのノリで、地元に来るじゃん!!!行くっしょ!!!ってチケット取りました。
チケット取った時点ではじえすさんとくぼさんの区別がついていないようなクソにわかだというのに…ごめんなさい…今ではお二人ともめちゃ好きです。
このライブの後ファンクラブにも入会しました。
2階席だったんですけどホール自体がそれほど大きくなかったのでステージがめちゃめちゃ近く感じました。
そして噂には聞いてましたが本当にぴーちょうさんのファンサが鬼…50回くらい目が合いました。これ全然盛ってないです。
おかげさまで見事にぴーちょうさんに落ちました。推します。LDHの推し2人目がこの日決まりました。
いやファンサが鬼だから好きになったということもないんですけど。声が死ぬほど好みだしファッションも好き。はあ~ぴーちょうさん鬼かっこよかった。
あとはやっぱりハイローから入ったオタクなのでジャパラ~ンで飛び跳ねられたのが最高に楽しかったな!
どうでもいい話なんですけど、声に出して読みたいLDH歌詞第1位「下砂浜 上サンシャイン」(超個人的なランキング)ということで、どうしても下砂浜上サンシャインの状況で声に出してみたくて翌日3時間以上かけて三保の松原まで行ってきたんですけど、完全に海のチョイスを間違えてますよね。
三保の松原で「下砂浜 上サンシャイン」はねーよ。言ったけど。

9/23 りんご音楽祭

ラインナップによらず元々行くつもりだったんですけど、まさかのm-flo!!!
中学~高校くらいのときにめちゃめちゃ好きだったので、LDHにハマって一番驚いたことがいつの間にかVERBALがLDH所属でしかも結構偉い立場になってたことでした。
しかもハマって割とすぐにLISA復帰!m-flo再結成!!!で興奮して再燃していたところにりんご音楽祭出演の情報だったのでLDHに心の底から感謝…。
come again懐かしすぎて一瞬うるっときたけど、VARBALの煽り聞いたら問答無用でアガっちゃいました。全力で跳んだ!ちょーたのしかった!
他にしっかり見たのはtofubeatsとHave a Nice Day!かな。
一昨年行ったときも感じたんですけどtofubeatsの人気ものすごい…。りんごの客層の最大公約数ってかんじなんですかね。
ハバナイはトリだったから暗くなってからのスタートだったんですけど、びかびかの照明とギラギラの演奏が夜にぴったりで最高でした。
ほんのちょっとしか見られなかったけど印象に残ったのが浪漫革命!若いのに妙に落ち着きがあって演奏も上手いし曲はキャッチーだしでかっこよかったです。
公式が動画あげてくれてたのでぜひ見てみてください。今後が楽しみなバンドですね。また見たいな~


浪漫革命「青い春」@りんご音楽祭2018

しかし外でお酒飲みながら音楽聴くのサイコ~~に楽しいな!ご飯もおいしいし。
今年は他の野外フェスにも行ってみたいです。りんご以外のフェスは屋内しか行ったことないんですよね。
夜だし涼しそうという理由でBAYCAMPが気になるんですけど初心者でもいけるんでしょうか…。ていうか去年のラインナップが神大集合だったのにどうして行かなかったんだろう。
それと友人の影響で日本語ラップ界隈の視界が開けてきたので今年のりんごはもっと楽しめるだろうなって確信があります。
早く日程とラインナップください!

10/20 EXILE LIVE TOUR 2018-2019 STAR OF WISH 東京ドーム

既に2つも感想記事あげてるので今更ですが、昨年のこの日ついにEXILEまでたどり着いてしまいました…。
他ジャンル(特に二次元)のオタクから流れてきた人なら多少はわかりを得てもらえる感覚だと思うんですけど、やっぱり「EXILEのライブに来た」っていうのは特別に感慨深いというか…。人生何が起こるか本当にわからないものです。
実はドーム規模のライブもこの日が初めてだったので会場の広さと人の多さに圧倒されました。ひとつのグループにこれだけ多くのファンがいるってすごいことです。
公演が始まる前から、青いライトが会場中を照らしていて舞台上では星型の照明がキラキラしていてめちゃくちゃ綺麗で、座って開演を待っているだけでもものすごい高揚感で泣きそうになってました。
照明が落ちて、ツアータイトルのSTAR OF WISHを象徴するような星空の演出を見たときにはあまりの美しさに思わず息をのみました。
メンバー誰も出てきてないのにこんなに感極まっちゃって大丈夫?って開始早々自分のHPの残量が心配になったりもしましたが案の定全然ダメでした!!
次から次へと最強の歌とダンスと演出に殴られてエモと萌えが爆発して終始「ヤバ……無理……死………」って言ってたら終わってました。
マジで細かいこと全然覚えてないです。ただMy Starだけは衝撃が大きすぎて終わってからしばらく「黒木啓司………」しか言えなくなりました。SOW初見を必ず殺すMy Star。
終わって外から眺める東京ドームも綺麗で、月並みですけど夢のような時間を過ごさせてもらったなとしみじみ。

11/11 大森靖子 クソカワPARTY TOUR 松本 sound hall a.C

箱が小さかったこともあってステージが超近くて緊張しました。その前が東京ドームの天井席だもんな。
でも始まるまでずっと道重さゆみさんの曲(ちょっと自信ない…あの声は道重さゆみさん以外ないと信じてるけど…)が流れていたおかげで気持ちが落ち着きました。サユミンランドールの曲だったのかな?行ったことないので違ったらすみません。
初めて生で見る靖子ちゃんはめっっっちゃくちゃかわいかった!衣装も超絶キュートだったし歌声も最強にメッカワだったしまさにクソカワPARTY!!
マジックミラーで感情が爆発してデロデロ泣いて、死神で完全に決壊しました。
ポッキープリッツの日だったからアンコールで謎のポッキーコール(だったかな?うろ覚え)があって、まさかのポッキーのCMソング?を歌ってくれるっていうサービス精神よ。靖子ちゃん本当に好き。
行く前はこのライブが終わったらエモに殺されてしおしおになっちゃうんじゃないかと心配だったんですけど、めちゃめちゃ楽しくてパワーをもらった超強いライブでした。
あっでもまたバンアパのときのようなことを言うんですけど、始まる前に友人から「これまでリリースした曲の中でどれ一番聴きたい?」って聞かれて「呪いは水色。絶対やんないと思うけど。笑」って答えたんですよね。
予想していたとおりこの日はやらなくて、帰ってからこれまでのツアーのセトリ見てもやった日はなかったのでやっぱりね~って思ってたら、12月の大阪公演のセトリにありました………。
死ぬほど悔しい………。死ぬまでに絶対に絶対に生で見たい聴きたい……………。

11/23 EXILE LIVE TOUR 2018-2019 STAR OF WISH ナゴヤドーム

てつやさん、Lovers Again、死。以上。
ってかんじでした!マジで。
なんでかっていうと、この日の座席がLovers Againのときにてつやさんが踊る花道の目の前(距離はまあそこそこあったけど東京ドームのときより断然近い)だったからで…。
Lovers Againまでの流れもそこでぶっとんだし、その後も茫然としていたらいつの間にか数曲終わってました。
わたし公演中に意識飛ばしすぎだなあ…今年はちゃんと覚えてられるように頑張ろう。
MCもてつやさんだったし、居酒屋でもらえるカードも物販のフィギュアもてつやさんを自引きできて、2018年の行ってよかったライブ文句なしの1位です!現場納めがこの公演でよかった!
あとかろうじて覚えているのがKi・mi・ni・mu・chuです。
あんまりこれ系を羨ましいとは思わない方だと思っていたんですけど(嫌いな演出というわけではないです!)、この日亜嵐くんとてつやさんでFC会員の方を挟んでサビ頭の「君」で左右から指さして「きみにむちゅ~」ってしてるのがカメラで抜かれて、「いやさすがにそれはずるい!!!」ってなりました。




振り返り楽しかったー!
現場は多いに越したことはないけど、こうやって思い出して噛み締めてるだけでも相当楽しいしエコだから月イチペースくらいが私にはちょうどいいのかもしれません。
いやでも今のところ決まってるのが8月の三代目(名古屋)だけなのでなにかしら予定を入れたいです。
気になるライブはたくさんあるんですけど追加ラインナップ待ちだったり一般販売待ちだったりで中々動けずにいます。
APOGEEのワンマン行きたかったな………。

そういえばドーベルのこと書いてて思い出したんですけど、年賀状のお年玉番号?って音沙汰ないけどどうなったんでしょう…。
ご存知の方いらしたら教えてください。

2019/2/10-11 EXILE LIVE TOUR 2018-2019 STAR OF WISH ライブビューイング

2連チャンでSOWの感想記事になってしまいました…ナゴヤドームから1週間しかたってないから仕方がないということで…。

ツアー全公演終了しましたね。
この時期のツアーで誰一人体調不良等で欠けることなく完走したEXILEをはじめとする演者のみなさんは本当にすごいです。
(もちろんこんなに最高の舞台を作り上げてくださったスタッフのみなさんもすごいです。関わった全てのみなさんにありがとうございますとゆいたいです。)(まあさ)
LVも含めて計5公演見たのですが、見るたびに新しい発見があったり細かい演出が変わっていたりしつつも、クオリティーは常に安定していてさすがだなと感動しました。

ということで、2月10日・11日のLVの感想を。
記憶力がボロカスなので全ての曲は無理ですが、曲ごとに印象に残ったことをつらつらと書いていきたいと思います。
ひとつ前の記事もそうでしたけど、このツアーを1回以上見てる人じゃないとなんのこっちゃ…って内容です。
個人的な記録だからいいのです。



・Heads of Tails
がんちゃんのSNSでのハッシュタグ(#EXILE #の熱い光を浴びてくださった #全国のファンの皆様)天才ですね。オタクわかられてる。
こちらこそ熱い光を浴びさせてくださったEXILEの皆様本当にありがとうございました。
ハイローからLDHに入った身としてはやっぱりこの曲を聴くととてつもなくアガるので、1曲目がこれで最高でした!
あと!ねっさんの衣装の肩が開いてたの見間違いじゃなかったですね!?映画館の大画面でしっかり確認できました。
はあ~~~なんかセカンドのときよりねっさんの色気が爆発していて怖かったです…。ねっさんはセクシーを意識していないときの方がセクシーだと思います。


Choo Choo TRAIN
(2/10)ねっさんの顎クイ…………………。


・YEAH YEAH YEAH
(2/11)いや…あの…ねっさん………。
最終日にDVD収録用のカメラ入ってたらしいので、ここのねっさんのカメラアピール(帽子→ウインク)が収録されるってことですよね?
絶対に絶っっっっ対に買う…………はあ~~~~ねっさん……………。


・RED SOUL BLUE DRAGON
金髪のぴーちょうさんが動いてるところを初めて見ました。
インスタのストーリーとかでは見てたので「金髪キャワチャンだな~~」って思っていたのですが、どこがキャワチャンだよめちゃめちゃかっこいいじゃんって打ちのめされました。
LVでは下から煽るアングルでぴーちょうさんの蹴りを拝むことができてありがたかったです。
あとかずきくんの衣装が紅組応援団長ってかんじでキュートでした。


・Don't Stop the Music
ショーキチソロツアー本当に本当におめでとう!!!!
友人と「ショーキチのソロツアー渇望」って話をずっとしていたのではちゃめちゃに嬉しい…初日絶対にチケット当てたいです…。
このときじっくりショーキチのソロを見て思ったんですけど、歌はもちろんなんだけどショーキチのダンスがわたしはとっても好きです。
身体の中から音が鳴ってるみたいなダンスというか…楽器を演奏するみたいに踊っているように見えるというか…。
上手く言えないんですけど、曲と踊りがぴったりハマっているのでとにかく見ていてめちゃめちゃ気持ちいいんですよね。
これからも歌って踊るショーキチがたくさん見たい!見られる機会を用意してもらえて嬉しいです!
あとこのときファンタちゃん後ろで踊ってましたよね?
ガツガツ踊るさわなつくんめちゃかっこよかった!


・Lovers Again
現地3公演全て3塁側ということもあって現地ではてつやさんしか見えていなかったようで、LVで初めてパフォーマー4人の衣装がちょっとずつ違うことに気がつきました。
本当にごめんなさい。他の3人に興味がないわけではなくて、てつやさんに興味がありすぎるだけなんだと思います。
でもやっぱり全員平等に見て思ったんですけど、てつやさんの衣装が一番好みでした。
ジャケットの胸元にボタンを留める太めの紐がついているのではだけたりしなくて素肌があまり見えない衣装で、花道先端を囲む柵のような照明装置も相まって禁欲的な色気があるんですよね。(書いてて恥ずかしい)
ただの個人的な好みなんですけど!わたしは肌バーンてさらされるより隠されている方がセクシーに感じる方なので…。


・My Star
現地では毎回泣いたMy Starなんですけど、LVでは啓司さんの表情や全体の演出がよりはっきりと見えてやっと冷静に見ることができました。
花道を歩くときに床に啓司さんと女性ダンサーさんの姿が反射して映っていて、水面で踊っているみたいな幻想的な光景でとっても綺麗でした。
絶対にないと思うけどいつかパフォーマー全員のMy Starが見たいので、何かの折りにやってほしいです。


OVER DRIVE
さわなつくん!!!!!みんなもっとさわなつくんに熱くなって!!!!!
なつなつ(さわなつくんとほりなつくん)の二人が髪型被ってるの、初見では見分けがつかなくて焦ったんですけど、慣れてくると双子みたいでよいですね。
ちょろいオタクなのでコンビとかシンメの概念にすこぶる弱い。
さわなつくんが柔らかめタレ目お兄ちゃんで、ほりなつくんがキリッと吊り目男前な弟なのも「萌え」です。


・VICTORY
(2/10)前の席で振りコピしてた女子高生がその日一番ノリノリで踊っててこっちまでテンションあがりました。
この曲で踊りたくなるのわかるなー。今回のツアーで一番好きになった曲かもしれません。ドルオタの血が騒ぐんですよね…。
うぉーおーえーおーでフラッグを高く掲げて、ハレールヤで振りコピ的なかんじで腕をぐるぐるして、クラップもあって、めちゃめちゃ楽しい!
生で見るとそれまでピンときてなかった曲が思いがけず好きになったりするからライブに行くのをやめられません。


・I Wish For You
(2/10)またフリスビーあたったの県内の別会場でした!!!
でもやっぱり「そっちかい」の一体感が楽しいのでこれはこれでアリ。


・MC
(2/10)てつやさんの「俺もっ(くるん)」でROUTE6・6を思い出して泣くオセンチオタク。
(2/11)アキラさんのおちゃらけ挨拶に救われるオセンチオタク。


・Love Of History
やっぱりこの爽やかさが好きだな~この曲が増えたおかげで、しんみりしすぎずに晴れやかな気持ちでライブを見終えられるようになった気がします。
新曲だけど落ち着くというか、セットリストのこの位置に綺麗に馴染む曲だなと思いました。


銀河鉄道999
ロッコで外周をまわっているときに、客席の奥の方まで見渡すショーキチの瞳に照明の光があたってキラキラしているのを見て、「アイマスじゃん…」ってなって泣きました。



ということで、ツアーは終わっちゃいましたが思っていたよりもずっと元気です!
爽やかな曲が多かったからかな。
メンバーのみなさんが「今後」のことに言及してくれたからかな。

2020年のパーフェクトイヤー楽しみです!
個人的に2020年は節目というか私生活がバタバタしそうな予感が今からしているのでどこまでライブにつぎ込めるか不安ではあるのですが、ライブも私生活も詳細は何にもわかってないので今のところは2020年を楽しみに毎日生きるのみ!ってかんじです。
もっと具体的な発表があると思っていたのでほんのちょっとだけ肩透かしをくらった気分ではあるのですが、あんまりばんばんツアーやられてもこちらも疲れてしまうのでこのくらいでちょうどよかったのかもしれません。

はあー本当に楽しいツアーだったな!!ハレルヤ!!

2019/2/2 EXILE LIVE TOUR 2018-2019 STAR OF WISH ナゴヤドーム

3度目のSOW行ってきました!そしてこの日は新年一発目の現場でもありました。
ファイナルのライブビューイングにはもちろん行くんですけど、「ファイナルで告知ある」的なことあつしさん?でしたっけ?が言ってたので多分最終日の感想はそれに持ってかれちゃう気がする…。
ので、最初はナゴヤドームとLVとまとめて感想書こうかなと思っていたんですけど、ナゴヤドームのだけ記憶が新しいうちに書いちゃいたいと思います。

<開場までのこと>

この日は2度目のナゴヤドームだったので余裕ぶっこいて会場に着いたのは15時過ぎくらいだったんですけど、物販もアメコも居酒屋えぐざいるもほとんど待ちなしで感動しました。
人は多かったけどもみくちゃってほどでもなかったし(翌日に行ったアムールデュショコラの方がよっぽど混んでた)、ライブに関してはLDHのスタッフはすごいな~と毎回感心します。
ライブハウスとか小さい箱なら話は別だけど、アリーナ以上のライブの物販って2時間以上待つのが当たり前だと思ってたし、人気のグッズは朝イチで並ばないと買えないものだと思ってました。
なんなら朝イチで行っても売り切れとかざらにあったし…。嗣永桃子さんのラストコンサートでフードタオル即売り切れだったのいまだに根に持ってます…。
そういうわけで、この日も開場前はゆったりストレスフリーに過ごせました。
失敗だったことといえば、地元を出たときは-8度とかだったから極暖ヒートテック着てきちゃったことくらい。名古屋めちゃめちゃ暖かかった。

<座席>

基本的に人生の色々なことに対して運がない方の人間なので、当たり前のように天井席でした。
そしてSOW現地行った3回全て3塁側という驚異の引き。
てつやさんが好きなわたしとしては、Lovers Againでてつやさんが踊る花道が目の前なので嬉しい席ではあるんですけど、3回とも一緒に来てくれたケンチ推しの友人には少し申し訳なかったです…。
ケンチ推しは1塁側の方がよかったんじゃないかなと…。Ti Amoのケンチ、1塁側向きで始まるし。ごめんねLVでしっかり見てねという気持ち。
高さとしては東京ドームのときと同じくらいだったんですけど、ナゴヤドームの方がステージが近く感じたのは気のせいだったのかな。

<ライブについて>

前回が11月末だったのでおよそ2ヶ月ぶりのライブだったんですけど、記憶の欠如が著しくて色々なことが新鮮に思えました。
友人と二人して「こここんな衣装だったっけ!?」(変わってない)とか言いながら見てた。どんだけ覚えてないんだよって自分で自分の記憶力のなさにちょっと引きました。
でも友人も言ってたけど最高な瞬間が多すぎてひとつ前の最高なことをどんどん忘れちゃうんだよな~~悔しい。
覚えている最高なことを箇条書きで。
---
・一番最初の衣装、ねっさんの肩が開いてるの前からでしたっけ…?恐ろしい色気で「ひぇぇ」てなりました。
・セカンドの2曲は来るとわかってても画面に新聞がアップになった瞬間にぶわっとこみ上げてくるものがあるんですよね。
・ちょうど行きの電車でLDH kitchenのラジオ(ショーキチとてつやさんのやつ)でてつやさんがSUPER FLYが一番好きって言ってたのを聞いてたので、楽しそうに踊るてつやさんを見てグッときました。
・さわなつくんかっこよすぎて困惑してます。ふわっとしたほほ笑みが素敵すぎるのと、しなやかなダンスがとっても好みです。
・ケンチとてつやさんが好きなわたしと友人が揃ってさわなつくんに落ちるの、famの方ならわかってもらえると思うんですけどどうでしょう。
・帰りの電車で友人と、若い子(ジェネとかランペとか)までは追いきれないね…とか言ってたのに「ファンタは…?」って聞かれたら「行く」って即答しちゃった。
・MCでがんちゃんが「子ども…お子さん」って言いなおしたのと、あつしさんが「先人たち…先人の方々」って言いなおしたのが、さすがEXILE各方面に敬意を忘れない姿勢がイイネってかんじで面白かったです。
・でもその後のてつやさんのMCで「お年寄りから子どもまで」って何も気にせずさらっと言ってたので、これはこれでてつやさんらしくてよきでした。
・Love of History見るの初めてだったんですけど爽やかでよかったな。ROUTE6・6のアカシアのときみたいに香りの演出あれば映えそうだなって思いました。
---
えーんぜんぜん覚えてない!
LVで冷静に思い出しつつ目に焼き付けたいと思います…。地元で2日間ともやってくれる会場あってよかった。
あんなに先だと思ってたファイナルがもう今週末まで迫ってると思うと悲しくてつらくなっちゃうから3050年くらいまでSOWやっててくれないかな…。

2018年の現場を振り返る(上半期)

新年あけましておめでとうございますでブログ始めてみようと思ったのにもう1月が終わろうとしているんですけど…。
自分に対して死ぬほど甘いので、「まっ誰に強制されてるわけでもないし後でいっか」って色々なことを先延ばしにしてしまうのやめたいと思ってブログ始めようと決意したのに…。

とかなんとか言ってうだうだしててもまた開設のタイミングを逃し続けるだけなので、色々考えずに書けたときに書けたものをあげてみようと思います。
そのくらいの適当なスタンスでいた方が気楽に続けられるかもしれないしね。

ということで初投稿何書こうかなーと悩んでたんですけど、去年の末にツイッターで「2018年現場振り返りをやる」って宣言したのにできなかったのが結構心残りだったので、タイミング意味不明だけど記録を残すという意味でそれから始めてみようと思います。


まず、去年行った現場は以下のとおりでした。

2/1 EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 ROUTE 6・6 さいたまスーパーアリーナ

2/3 善光寺節分会

4/14 EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 ROUTE 6・6 日本ガイシホール

4/24 the band apart 20周年記念リクエストツアー nagoya CLUB QUATTRO

5/24 EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 ROUTE 6・6 THE FINAL ライブビューイング

7/14 DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2018 DOGG YEAR ~PARTY ON THE OFF ROAD~ キッセイ文化ホール

9/23 りんご音楽祭

10/20 EXILE LIVE TOUR 2018-2019 STAR OF WISH 東京ドーム

11/11 大森靖子 クソカワPARTY TOUR 松本 sound hall a.C

11/23 EXILE LIVE TOUR 2018-2019 STAR OF WISH ナゴヤドーム

10回。
生身の人間のオタクをやってる人の中ではだいぶ少ない方だと思うんですけど、個人的にはこれまで人生で一番現場に行った年になりました。


次に、1つずつ簡単な振り返りを。

2/1 EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 ROUTE 6・6 さいたまスーパーアリーナ

一昨年の11月頃にハイロー経由でLDHのメンズにはまり、三代目のLVで完全に落ちてからの、LVじゃない初現場がこのセカンドのSSAでした。
当時職場で体調不良者(しかもやや長期でお休みするタイプの)が続出してて、わたし含む残された全員瀕死みたいな状況でぐちゃぐちゃで、とにかく何か人参ぶら下げないとやってられんと思って1週間前くらいに急きょチケット探して行くことに。
初見だったのでセカンドさん実在するんだって感動してたらアンコールまで終わってました。
それまではぼんやりとてつやさんかっこいい、アメコかわいい、みたいな気持ちでいたんですけど、このとき生で踊るてつやさんを見て、一生推すと心に決めました。
キモイオタクだからすぐ一生とかでかいこと言っちゃうのやめたいんだけど、キモイオタクじゃない喋り方がわからないので諦めるしかない…。
三代目→セカンドの流れで見たので余計にそう思ったのかもしれないけど、セカンドはとにかく素材勝負!ってかんじで、それぞれのメンバーが得意な歌やダンスを存分に味わうことができて、贅沢な時間だったなと見終わってしみじみ思いました。(もちろん三代目はめちゃめちゃ凝った味付けで、それもまたよきです)
そんなこと考えながら新幹線に乗って地元に戻ったらどか雪降っててものすごい勢いで現実に引き戻されてクソ萎えた上に、駅から自宅まで(峠道+雪)の運転がめちゃめちゃ怖くて死ぬかと思ったけど、「Lifeis 山あり、Life is 谷あり」だなあって思ってたら心が落ち着いて事故らず帰宅できた思い出。

関係ないけどSSAって呼び方はアイマス特有なんでしたっけ?デレマスにハマる前はたまアリって呼んでました。

2/3 善光寺節分会

せつぶんえ。
地元にてつやさん(と、うささんしずかちゃん)が、なぜか豆まきに来るというのでハテナマーク浮かべながら行きました。死ぬほど楽しかった。
ハマってすぐのタイミングでこんなに近所にてつやさんが来てくれるなんて、推しなさいという神様のお告げかな~と思ってたけど寺だから仏様ですね。
今後この日以上にてつやさんに近づける日はそう来ないと思う。そのくらいめちゃめちゃ近くをてつやさんが通り過ぎて行きました。
世界一かっこよかった…。
撮影OKだったのでスマホでぱしゃぱしゃ撮ったのを後で見返したら、天気のいい日だったおかげで太陽の光がとても綺麗で、クソ画質かつ興奮でぶれぶれの写真でもてつやさんが神々しく写ってて感動しました。
てつやさんが撒いた豆取りたかったけど混みすぎてたのと豆キャッチのプロや勢いのある若者に囲まれてたので無理でした。
でも一緒に行った友人が撮ってくれた、豆を雑にぶち撒くてつやさんの動画が超絶キュートだったので十分満足です!
今でも週1ペースで見返してます。宝だな~~
ちなみにこのイベントは毎年芸能人枠があって、それまでは結構渋めの俳優さん(DEPの前は真田丸関連で草刈正雄さんでした)が来てたんですけど、急にえぐざいるとか言われて地元の知人もびっくりしてました。
今年はうささんまきさんらしいですね。マジで何が起きたんでしょう…?

4/14 EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 ROUTE 6・6 日本ガイシホール

この日は立ち見だったのですが、入口が全然わからなくて会場のまわりを走り回って場所取り戦争に乗り遅れて大変でした…けどなんとかそこそこよい場所を確保できてよかったです。
伝説のショーキチカワイイ回に入れてサイコーに楽しかった!てつやさんの「愛媛のひとー!」もめちゃきゃわゆーでした。
この回の映像まだ待ってるんですけど、啓司さん本当に偉い人にかけあってくれたのかなあ。
三代目のLVのときも思い、この名古屋で更に強く実感したんですけど、友人とライブに行くってこんなに楽しいものなんですね。
ハロオタしてたときは基本的に単独行動だったので、始まる前の待機の時間に「楽しみすぎてヤバイ」って言い合えるだけでめちゃめちゃ嬉しかったし、終わったあとすぐに「ここがヤバかった」って話せるとライブの記憶が長く保たれる気がしました。
関係ないけどヤバイ頻発するのはLDHの影響ではなく元々の語彙力がゼロに等しいからです。
でもLDHにはまってから更に増えたような気もする…。
あっあとこれもどうでもいい話なんですけど、名古屋(というか東海)に行くとついミニストップ行っちゃう。地元にないから楽しいんだよなー。

4/24 the band apart 20周年記念リクエストツアー nagoya CLUB QUATTRO

古参アピールみたいでキモイけどファーストアルバムのときからのファンなので、なんだかんだ15年くらい聴いてることになります。
15年ってすごい…わたしは割と飽き性な方なのでここまでファンでいることが続いていることに結構感動してます。
もはやバンアパはわたしの人生と言っても過言ではないので、荒井さんがMCであと2000年バンド続けるって言ったからわたしもあと2000年は生きなければいけないなと思いました。
リクエストツアーってことでファンの投票で上位だった曲を中心にセトリが組まれていたのもあって、最初から最後まで全ての曲で客席の盛り上がりが尋常じゃなくて2時間が一瞬に感じました。
こんなに最高のセトリがあっていいのか!?と思ったけど、冷静に考えてバンアパバンアパの曲をやるライブってだけで常に最高のセトリしか生まれないんだよなあ。
あっでも後でツアー各所のセトリ見たら、わたしの大好きな「最終列車」をやった会場があったみたいで(名古屋ではやらなかった)これは心の底からめちゃめちゃ悔しかったです。
またどこかでやってほしいな…。最終列車は正直ちょっと地味な曲だからフェスとかではやりづらいだろうし、ワンマンのときにどこかでやってくれるって信じてます。

5/24 EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2017-2018 ROUTE 6・6 THE FINAL ライブビューイング

LVだって地方民にとっては立派な現場です。
セカンド解散しちゃったらどうしよう…って半泣きになりながら時間休取って映画館に向かったのですが、気分上げるためにセカンド聴いてたはずなのにRAYが流れ始めたら涙が止まらなくなって途中のSAに駆け込んでしばらくガチ泣きしました。
この「解散しちゃったら…」ってやつは名古屋に一緒に行ったケンチ推しの友人がライブ後のホテルで言っていたことで、そのときはハマって間もなかったのとライブ後でテンションがぶちあがってたのとで「なんで今そういうこと言うの!?」ってキレてたんですけど…。
一昨年に最推しアイドルグループの解散を経験した身としてはどんなときでも「まだ大丈夫」なんて安心していられないっていうこともわかっていて、ファイナルってこともあって急に不安がぶわっと押し寄せてきて、めちゃめちゃ苦しくなってしまいました。
(これ書いたの去年だったんですけど、思いがけずタイムリーな話題になってしまった)
まあでもそんなこといってビクビクしながら応援しててもちっとも楽しくないということもわかっているので!
考えないことは無理だけど、結局ライブが始まったらそんなこと綺麗に吹き飛んじゃうくらい最高なライブをしてくれるからライブを楽しまないってのも無理でした!
ファイナルも変わらず超YEAHで楽しかった!!
わたしの地元県ではLV会場が2ヶ所あって、わたしが行った会場とは別の会場にフリスビーが当たったんですけど、そのときの「そっちか!!!!」って空気が一体感あって面白かったです。



思った以上にそれぞれ長くなってしまったので、上半期の区切りのいいところでここまで。
書き始めるとどの公演も感想いっぱい出てきちゃうから今年は現場ごとに感想まとめてアップしたいなと思ってますが、まああんまり絶対に書くぞ!とは思わずに気ままにやろうと思います。
関係ないけど、「関係ないけど」多用する傾向があるな…気をつけよっ。